【組立説明】 ヒトノカタチ 其の弐

ヒトノカタチ組立説明!

第弐回目:腕~武器となります。


第壱回目:頭部~胴体の説明は、下 ↓ の記事を参照してください。

またGEOとレコードブレーカーの組立説明は、ブログ左側にある
「カテゴリ」→ 【組立説明】GEO
「カテゴリ」→ 【組立説明】レコードブレーカー
を参照してください。



先ずは下の画像をチェック。
肩と腕の組立に必要なパーツ一覧となります。
基本的に左右対称(肩以外)となります。
肩と腕の間に写っているパーツは、二の腕パーツのカバーとなります。
オプションですので、ご自由に接続してください。


IMAG1385.jpg

腕のパーツになります。
各パーツは接続されていない状態の画像ですが、全体の配置を想像してください。



IMAG1389.jpg

腕と二の腕を接続します。
パーツ毎に原型制作時に開けたガイド穴の跡があります。
それをガイドに接続用の穴を開けてください。


IMAG1388.jpg

腕、基部、パイプの接続になります。
個々のパーツをある程度柔軟性のある金属(アルミ線)などで接続します。
そうする事により、全パーツ組立時のポーズずけが楽になります。


IMAG1387.jpg

手の組立になります。
指のパーツが長い時は、接続側を削ってみてください。
逆に短いと思う時は、プラ板などを接着して延長してみてください。


IMAG1386.jpg

肩に接続する、腕、パイプ、飛行石ユニット用のガイド穴の位置になります。

IMAG1390.jpg

飛行石ユニットにつける飛行石はキットに付属致しません。
お近くのジュエリーショップ等で購入してください。


【ポイント】
肩と腕の接続は、パーツ間が密着した状態になります。
ただし、肩とパイプ、肩と飛行石ユニットは隙間が開いた状態となります。
これは腕のポーズずけに対応させたものです。
接続時は長めの金属線で調整してください。


IMAG1391.jpg

武器の配置は以下になります。
ここのパーツを金属線で接続してください。


IMAG1392.jpg

今まで組立たパーツを接続すると、画像のようになります!

IMAG1315.jpg

次回は、第参回目 下半身の説明となります。
アップは週末を予定しているので、チェックしてくださいね。

また、塗装時は必ず離型剤落としを実施後、塗装するようにしてください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケンケン

Author:ケンケン
小林誠先生のメカが
好きで作っています。
ワンフェスに飛ぶ理由のメカで参加します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
twitter
最新コメント